万平ホテル

万平ホテル

創業120年を超える、軽井沢を代表する万平ホテルは、日本三大クラシックホテルの一つです。
1764年、佐藤万右衛門が万平ホテルの前身となる旅籠「亀屋」を開業。1894年(明治27年)に佐藤万平が外国人客にも対応できる亀屋ホテルをオープン。1902年(明治35年)には「万平ホテル」に改名し、以来、三島由紀夫やジョン・レノンなど多くの著名人やゲストが宿泊してきました。
外観は洋風の山荘を思わせるような佇まいです。館内は、照明の光加減がタイムスリップしたようなレトロな雰囲気を漂よわせ、重厚感のある家具や美しいステンドグラスが随所に見られます。客室は1936年(昭和11年)築のホテルを代表する本館「アルプス館」を始め、ライティングデスクを備えた書斎タイプがある「ウスイ館」、「アタゴ館」、家族やグループに最適な「別館」、「コテージスイート」の5タイプがあり、部屋タイプにもよりますが、特徴ある模様の硝子障子、軽井沢彫りの家具、猫足バスタブなど随所に万平ホテルならではのアイテムを見ることができます。特にジョン・レノンが宿泊したお部屋は人気があり、予約をとるのが困難です。レストランはフレンチ、中華、和食が2店舗の計4つ。その他、カフェテラスとバーがあります。カフェテラスでは、ジョン・レノンが直にレシピを伝授したロイヤルミルクティーや、伝統のアップルパイをお楽しみいただけます。史料室もあり、ジョン・レノンが気に入ったピアノや資料が展示され、歴史の奥深さを感じることができます。
春と夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色に包まれ、いつ訪れてもそれぞれ違った美しさを見せてくれます。
軽井沢で、落ち着いた静かな時間を過ごしたい方にはおすすめのホテルです。

ホテルより車で16分

アクセス

その他のスポット
■旧軽井沢銀座

← 戻る

INSTAGRAM#japatabi